東大KOMEX&国連フォーラム&GII/IDI懇談会NGO連絡会共催勉強会「すべての人に健康を届けるUHC:企業と描く2030年の姿」

国連フォーラムと共催で【11月22日(水) 19時00分~20時30分】に、「すべての人に健康を届けるUHC:企業と描く2030年の姿」と題した勉強会を、東京大学駒場キャンパスで開催いたします。

SDGsのゴール3「すべての人に健康と福祉を」達成するためのターゲットの一つがユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)の2030年の実現です。UHCは「すべての人が、十分な質の保健医療サービスを、金銭的に大きな負担なく受けられる状態」を意味し、各国の政府や公的医療機関と住民・コミュニティなどから成る市民社会、企業の協働が鍵といわれています。

第二回は、UHCとビジネスに焦点を当て、医薬品へのアクセス向上やアフリカでの3大感染症の予防などに全社で取り組む武田薬品工業株式会社CSRヘッドの圭室俊雄さんと、金融機関、ユニセフリベリア事務所などを経て認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会に務める原佑理子さんをお招きして、UHC実現に向けての企業の取り組みや民間セクターとの協働のあり方などについて議論を深めていきます。

国際保健医療に関心がある方や国際協力に広くご興味があるなど、少しでもきっかけのある方は、ぜひご参加ください。

参加をご希望の方は、下記参加フォームより、ご登録をお願いします。
登録フォーム

締め切り:11月21日(火)23:30(日本時間)

概要

日時
2017年11月22日(水)19:00~20:30
場所
東京大学駒場Iキャンパス駒場国際教育研究棟3階314室 アクセス
アジェンダ
  • 1. UHCとは(田瀬氏)
  • 2. 医薬品へのアクセス向上や三大感染症予防などSDGsへの企業からのアプローチ(圭室氏)
  • 3. 民間セクターとの協働アプローチ(原氏)
  • 4. UHC・国際保健に関する全体ディスカッション
事前問い合わせ先
unforum.todaikomex.benkyoukai@gmail.com

詳細はこちら