ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)とは?

途上国には経済的な理由から医療サービスを受けられず、健康を脅かされ、不安な毎日を送っている人が数多く存在します。このような状況を一刻も早く解決するために、国際社会でユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)を推進する動きが高まっています。

ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)とは

全ての人が適切な予防、治療、リハビリ等の保健医療サービスを、支払い可能な費用で受けられる状態のこと*

UHCの主な内容は次の3つです。

つまり、UHCとは、「誰もが、どこでも、お金に困ることなく、必要な質の高いプライマリー・ヘルスケアを受けられる状態」を指します。

2012年12月12日の国連総会においてUHCが国際社会の共通目標として全会一致で議決され、2017年の国連総会で正式に12月12日が「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ国際デー」となりました。そして2019年9月の国連総会で、歴史的な「UHC政治宣言」が採択されました。グテーレス国連事務総長は本政治宣言を「グローバル・ヘルスに関して成立したこれまでで最も包括的な合意」であるとしています。