UHCとは? UHCの必要性 メッセージ サポーター UHCを広める


ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)とは?



あなたは、お金のことを心配して、病院に行けないことがありますか?
一番近い診療所まで半日以上かけて徒歩で通ったことがありますか?
病院や診療所に行っても、お医者さんがいない、薬がない状況に遭遇したことがありますか?
診察を受けることで、身の危険を感じたことがありますか?

日本に生きる私たちにとっても無縁ではない、『病気とお金』にまつわる悩みや苦しみ。
世界に目を転じれば、ますます多くの人々が、共通する苦しみ、悲しみ、辛さを抱えています。

10億人が基礎的な保健医療サービスを受けられていません。
1億人が、そうしたサービスにアクセスしようとすると、
生活が困窮しかねない状態にあります。

12月12日は、「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)・デー」
― 誰もが、どこでも、お金に困ることなく、
自分の必要な質の良い保健・医療サービスを受けられる状態 ―
を実現するよう世界に呼びかける日です。

2012年12月12日、国連総会でユニバーサル・ヘルス・カバレッジを国際社会共通の目標とすることが全会一致で議決されました。
これを記念して、市民社会が中心となって2014年から12月12日を「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ・デー」とすることになりました。


UHCがG7首脳宣言に初めて盛り込まれました



ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)が、2016年5月27日に発表された「G7伊勢志摩首脳宣言(コミュニケ)」に安倍首相のリーダーシップの下、保健の中心的な課題として言及されました。UHCがG7の首脳宣言に記載されたのは初めてで、画期的なことです。

この首脳宣言では「UHCを達成するため、保健システムは強固で、強じんで、持続可能であり、かつ、その対象となる人々の現在及び将来のニーズに応えるものであることが必要である」と述べられています。さらに「我々は、誰一人取り残さないという原則に基づき、UHCの達成を加速化することの重要性を認識し、特に途上国において、保健システムを強化し、より強じん、包摂的、費用負担可能、持続可能、かつ、公平なものとするため、我々の支援及び協調を強化することに対するコミットメントを改めて表明する」と言及されています。「誰一人取り残さない」というのは、2030年までの目標を定めた持続可能な開発目標(SDGs)で、特に重視されている考え方です。

今後はUHC達成に向けて、あらゆるアクターが、具体的な対策を講じる必要があります。たとえば、日本政府は各国のUHC促進のための保健計画の支援、市民社会はUHCを進めるための国際的なガバナンスと活動への参画などが考えられます。この力強い首脳宣言が、言葉だけで終わらないようにしなければなりません。

すべての人に健康な生活を。行動するなら、今。

すべての人に健康を。それが必要である5つの理由。

1 : 病気になったというだけの理由で、人は破産に追い込まれることがあってはならないからです。

  • アフリカや東南アジアに住む世帯の3分の1では、医療費の費用をまかなうために借金をしたり、資産を売ったりしています。

2 : ユニバーサル・ヘルス・カバレッジは決して机上の空論ではなくどんな国でも実現可能な目標だからです。

  • 世界でもっとも貧困な30カ国を含む、70以上の国で、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジに向けて法律を制定しています。

3 : ユニバーサル・ヘルス・カバレッジは、命を奪う病気を食い止める手段となるからです。

  • 保健医療システムがある程度整っている国では、エボラウイルスの感染拡大を抑えることができました。

4 : 人々が健康であれば、国や経済、地域社会を発展させることができるからです。

  • 保健医療の分野に1ドル投資するごとに、今後20年以上にわたって9-20ドルの国民所得(*)をもたらすと予測されています。
    * full income:国民所得勘定に人々の寿命が延びることによる経済効果を加算したもの。

5 : 健康は一部の人の特権ではなく、すべての人の権利だからです。

  • 良質な保健医療サービスは、住んでいる場所、収入の額、人種、性別、年齢を問わず、すべての人に提供されなければならないものです。

出典:世界保健機関、世界銀行グループ、ロックフェラー財団、UNAIDS、Action for Global Health、NCD Alliance、ランセット誌、Joint Learning Network ほか (日本WHO協会による世界保健機関(WHO)憲章の仮訳を引用しました)

メッセージ




WHO事務局長
マーガレット・チャン
ユニバーサル・ヘルス・カバレッジは公衆保健がもたらす最も力強いな概念だと考えています。ユニバーサル・ヘルス・カバレッジはすべてを包含しています。プライマリ・ヘルスケアを基本としたさまざまなサービスを包括的に統合できる概念なのです (WHOホームページ: http://www.who.int/universal_health_coverage/en/
「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジの追求は、より良い健康状態の追求だけではなく、公平性の向上の追求でもあります。世界銀行グループは、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジを実現し、誰もが平等に医療サービスを受けられるようにすることは、2030年までに極度の貧困を撲滅し、繁栄の共有を促進するという世界的な目標を達成する上で重要な意味を持つと考えています。」(2013年12月6日 ユニバーサル・ヘルス・カバレッジに関する日本・世界銀行共同研究プログラム: 保健政策閣僚級会合)
世界銀行総裁
ジム・ヨン・キム
安倍晋三首相
「母子保健や栄養不足などの従来の課題に加え、生活習慣病や高齢化なども途上国が抱える新たな課題となりつつあります。このような多様な保健課題に対応するためには、 ユニバーサル・ヘルス・カバレッジを実現することが求められます。 」(2015年9月28日 日・グローバルファンド共催保健サイドイベント「UHCへの道筋」)
私たちの世界には同じ病気になっても治療を受けられる人と受けられない人が います。そのような不平等の是正を目指すユニバーサル・ヘルス・カバレッジの取り組みこそ、人間の安全保障を確保することで世界の平和を希求する日本の役割ではないでしょうか。
公益財団法人日本国際交流センター 理事長
大河原 昭夫
GII/IDI 外務省・NGO懇談会 NGO代表
稲場 雅紀
子どもが高熱を出した。青ざめて震えている。病院に連れて行った。窓口で言われた。「病院代払えるんだろうな。」子供を抱えたまま、呆然と立ち尽くした。悔しくて涙が出た。…そんなもう一つの世界の現実を、何とかしたい。=「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ」。
UHCデーにあたり、世界中の女性たちが自分の、そして家族の健康を守るために、何の憂いもなく自分で判断し、医療機関に行かれる日が一日も早く来ることを祈念します。
公益財団法人ジョイセフ 代表理事・理事長
石井 澄江

ファウンディングメンバー



公益財団法人 ジョイセフ

GII/IDI懇談会 NGO連絡会

公益財団法人
日本国際交流センター

パートナー


WaterAid
特定非営利活動法人
ウォーターエイドジャパン
WHJ
女性と健康ネットワーク
save the children
公益社団法人
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
SHARE
特定非営利活動法人シェア
=国際保健協力市民の会
アフリカ日本協議会
特定非営利活動法人
アフリカ日本協議会
World Vision japan
特定非営利活動法人
ワールド・ビジョン・ジャパン
日本助産師会

公益社団法人 日本助産師会
JFPA
一般社団法人
日本家族計画協会
HANDS
特定非営利活動法人
HANDS
AAR
特定非営利活動法人
難民を助ける会
JCV
認定NPO法人
世界の子どもにワクチンを
日本委員会
結核予防会

公益財団法人 結核予防会
STBJ
特定非営利活動法人
ストップ結核
パートナーシップ日本
MNMJ
認定NPO法人
Malaria No More Japan

後援


外務省

財務省

JICA
独立行政法人 国際協力機構
WBG
世界銀行東京事務所
WKC
WHO神戸センター
UNFPA
国連人口基金東京事務所





ユニバーサル・ヘルス・カバレッジを広める


ホームページやブログにバナーを貼る
UHCday 少しでも多くの方にこの取り組みを知っていただくため、このサイトへのリンクバナーの配布をおこなっています。 ぜひ皆様のホームページやブログに貼り付けていただき、周知活動にご協力ください。
■ 350×350ピクセルサイズ
下のソースコードをウェブページにコピーしてください。

Facebookで「いいね!」する
Twitterで「フォロー」する。または「#HealthforAll」をつけてつぶやく

お問い合わせ



ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)・デー グローバルサイト (英語)
HOME WHY NOW? COALITION PROGRESS UN RESOLUTION TOOLKIT FACES
ファウンディングメンバー事務局

国際協力NGO ジョイセフ (公益財団法人)
Japanese Organization for International Cooperation in Family Planning (JOICFP)
〒162-0843 東京都新宿区市谷田町1-10 保健会館新館
TEL : 03(3268)5875 (代表)
FAX : 03(3235)9774130 MAIL : info@joicfp.or.jp
お電話受付時間:月~金10:00~18:00